《押し絵》をグレードアップ!布専用の染料なしで、簡単に染める道具とコツを教えます

ハンドメイド

この記事を読むと、小さめサイズの押し絵の色を、簡単に染める方法がわかります。

このブログはアフィリエイト広告を利用しています

動物たちの柄や模様が、自然なカラーで染まり、絶妙なグラデーションが表現できます。

これをマスターすれば、押し絵での表現の幅が格段にアップしますよ!

動物モチーフに最適です(*^^*)

中級者向けなので、押し絵をまだ作ったことがない方はこちらからお読み下さい。

きりんぽる
きりんぽる

こんにちは!動物・幻獣クリエイターの、きりんぽるです。

簡単に自己紹介しますね

  • ハンドメイド歴20年以上
  • オリジナルの押し絵作品をイベ ントや通販で100点以上販売
  • 売上総数500作品超え
  • デグーの召使いレベル5

オリジナルで押し絵を作ると、絶妙な色合いを表現したい時に、思い通りのカラーのちりめんが無かったりしませんか?

特にこういうカラーの子は、表現するのが難しいです。

押し絵で使うちりめん布は、性質上ほつれやすいため、小さく切ったり貼ったりがあまり得意ではありません

色付きのちりめんを繋ぎ合わせるより、染めてしまったほうが簡単です。

染める道具と、コツを紹介しますね!

染める道具はコピック

コピックはアナログの絵描きさんにはお馴染みのマーカーではないでしょうか?


コピック スケッチ ベーシック36色セット 12502074

コピック(COPIC)は、Tooグループで製造・販売しているアルコールマーカーのブランドです。

全358色という色数で、欲しい色は粗方揃っている印象です。また、インクの補充ができるので、エコで経済的。

きりんぽる
きりんぽる

コピックチャオコピックスケッチがありますが、初めは安いチャオ、慣れてきたら容量の多いスケッチがオススメです!

コピックはアルコール性のため、水に弱いちりめんにも比較的ダメージが少なく、簡単に色がつけられます。

唯一の欠点は、お値段が高いことです。買い揃えるとなると、かなりの金額に…

アルコール塗料ならコピック以外でも大丈夫ですので、カラーは少ないですが、100円ショップのマーカーでお試ししてみるのもいいかも。

私は使ったことがないのですが、コピックより安価な商品もあります。

押し絵を白いちりめんで作って、マーカーで染めていきます。

塗り方のコツ①インクは広がるので注意

ちりめんは染料をよく吸いますので、いきなり塗り拡げると、予定のラインよりオーバーしてしまいます。

非常に滲みやすいので、慎重にかつ丁寧に作業していきます。

コピックを使ったことがある方なら経験があると思いますが、ペン先を離してからインクがじわじわと広がります。

塗りたい面積より内側を塗りましょう。

きりんぽる
きりんぽる

ベタ塗りすると広がりやすいので、ペン先でちょんちょんと塗ると良いですよ!

塗り方のコツ②ムラにならないよう手早く

ちりめんにはシボと呼ばれる、細かな凹凸が布全体にあり、塗りにくいです。

この凹凸が大きいほどインクをよく吸い滲むので、手早く塗りましょう。

同じ色を塗る場合、塗り重ねた部分が塗りムラになりやすいので、乾かないうちに仕上げます(紙に塗るよりはムラになりにくいです)。

グラデーションをつけるため他の色を塗るときは、乾かないうちに

はっきりと色を変えたいときは、他の色が乾いてから塗りましょう。

塗り方のコツ③薄い色→濃い色で染める

紙にコピックで色を塗ると、乾いた時に明るくなります。

きりんぽる
きりんぽる

明度が上がって鮮やかになる、というのがアルコール塗料の特徴ですね。

しかし、ちりめんは塗った色が乾いてから明るくなりにくいです(むしろ少し暗くなる)

完成予定の色より、一段明るめの色をベースに塗って、足りなければ1段濃い色を足しましょう

まとめ

うまく塗るにはズバリ、数をこなすことです!

最初はなかなかうまくいかなくても、インクのクセを掴んできて、思い通りの色と柄に塗れるようになりますよ(*^^*)

きりんぽる
きりんぽる

押し絵を制作する時に出るちりめんの端きれに試し塗りして、乾いた色を見てから塗ると失敗しにくいですよ!

実際に塗っているところを、写真で見れる記事も書きましたので、良ければ参考にしてみてくださいね。

皆様のハンドメイドライフを応援しています!

きりんぽるでした。

kirinporu

世界で一番動物を愛していると自負しているハンドメイド作家、きりんぽるです。

ホリスティックケアカウンセラーの資格を持っています。
子供の頃から家に犬がいるのが当たり前の生活をしていました。現在は愛デグーのポアロちゃんと暮らしています。

ゲーマーでオタク。
指先が器用で、ハンドメイド・絵を描くことが得意です。

岡山県在住。
おひとりさまでランチやカフェを巡るのが好き。
病気きっかけで体に良い健康的な食べ物を食べるようになり、薬膳コーディネーターの資格取っちゃいました。

デグー、さらにうちのこに似たグッズが世の中にほとんどないことにショックを受け、じゃあ私が作ってやろうじゃねーか!と衝動に突き動かされて制作活動をしています。

最近はまっていること:料理
趣味:乗馬

このサイトはアフィリエイト広告(Amazonアソシエイト含む)を掲載しています。

kirinporuをフォローする

コメント

タイトルとURLをコピーしました